<< 追記 マウスで
絵しりとり >>
どこかでアルバイト……?
2019-06-10 22:31:45  | コメント(2)




桜子さんから頂き物?

どうやら何処かでアルバイト中、だとか?


居酒屋かも知れないし、バーかも知れない。

ちょっとした台詞ss。







ネコ「お姉さん、何かありました?」

女性客「え……? い、いや、別になにも……。」

ネコ「……ふうん、それにしては随分と暗い面持ちで。」

女性客「……ちょっと、貴方店員でしょう? 仕事サボってていいの?」

ネコ「ここの店主はちょーっと癖のあるお方なんですよ。僕がここでこうしてお姉さんの相手してても、文句は言ってきません。」

ネコ「で、何かあるんでしょ。」

女性客「な、なんでアンタが私の隣にっ……。」

ネコ「いいじゃないですか。イケメンと肩並べて飲めるんですから。」

女性客「は、はぁ? 自分で自分のことイケメンって……。」

ネコ「……はぁ、冗談も通じねぇのかよ(そっぽ向いてボソリ」

女性客「……?」

ネコ「なんでもないですよ。……あ、お酒、いります?」

女性客「お酒? まだのこっ――」

カラン。

ネコ「ありませんけど?」

女性客「……。」

ネコ「……ビール?」

女性客「……は、はい。」

ネコ「飲み干したことに気づかないくらい思い悩んでるんでしょ。」

トンッ。
コツコツ。

ネコ「話す気になったら、いつでも言いに来てくださいよ。閉店ギリギリまで居てくれてもいいし。」

(立ち去るネコ)

女性客「……はぁ。」

(数分後)

ネコ「(まぁだ酒飲むのかよ、あの女。いい加減どっちかにしてくんねぇかなぁ。気が散ってしゃねぇ)」

女性客2「ねーえー! ネコくーん!」

ネコ「え……あ、はいはーい! なんすかー!」

(駆け寄っていく)

女性客2「ちょっとさぁ、貴方にも興味あるからぁ、連絡先ー交換してみなぁい?」

女性客3「アハハハ! なにそのぶりっ子! ちょーウケるー!」

女性客2「はぁ?! 男は大抵こういうのに弱いのよ!」

女性客4「それ、ここで言っちゃダメでしょ!」

女性客2「あっ! いっけなぁい! 私ったらっ!」

ネコ「アハハ……(なんだコイツら。地獄に堕ちろ)」

女性客2「でさぁ、どーお? 連絡先、交換しようよぉ。」

(ネコの袖を掴む)

ネコ「え……えー……いやちょっと、僕にも選ぶ権利ってもんがあるから……そのぉ……(誰がテメェみてぇな小ウルセェ蠅女共と連絡先交換するかボーケ!)」

女性客2「はぁ? 選ぶ権利とか、なにえらっそーな事言っちゃってんのぉ?」

女性客3「アッハハハ! ウケるー! ただのバイトなのにさぁ!」

女性客4「お客様だよ、お客様! 連絡先ぐらいいいでしょうよ!」

ネコ「いやぁ……(死ね)」

(煩い奴らに責められるネコ。本音を言える訳もなく、のらりくらりと適当にかわしてゆく。が)

バンッ!

ネコ「……ん?(おいおい、次はなんだよ。これ以上の面倒事はごめんだぞ)」

女性客「いい加減にして! ネコ丸さん、困ってるでしょ!」

ネコ「(……おいおいおい)」

女性客2「はぁ?! 誰よアンタ!」

ネコ「(おいおいおいおいおい……)」

女性客「ただの客よ! けど、幾ら何でも自己中が過ぎる!」

(口喧嘩をし始める四人に、ネコは気配を消して後退り、溜息を吐きながら後頭部を掻いた。もう既に他の客はおらず、暖簾の奥から店主が面倒くさそうに覗いている。ドンドンヒートアップしていく女同士の喧嘩に、遂には両手で耳を防ぎ、営業用の仮面を外した。)

ネコ「テメェらうっせぇんだよ。さっきから。」

女性客2「……はぁ?!」

ネコ「周りの迷惑も考えろっても、もう既にアンタらしかいねぇけどさぁ……。連絡先交換しろだの、テメェに権利はねぇだろ、アンタら蠅女の頭に人権って言葉はねぇのか。バイトだからとか、店員だからとか、横暴にも程がある。客だから偉いって訳じゃねぇんだよ。金払ってるから偉いって訳じゃねぇんだよ。そんなちょっとの事で天狗になって、他人の事も考えねぇで自分の事ばっか主張して暴れまわる。滑稽だよ、テメェらは。無様で滑稽で馬鹿馬鹿しくてダッサい。ところかまわずゲラゲラ笑う下品な女なんか、誰が相手するか。大きな声で許されるのは、元気で天真爛漫な女の子だけだよ。」

(無表情にまくし立てるネコに、流石の3人も口を紡ぎ。ややあって、乱暴に金だけを置いて去っていった。その後ろ姿に深く溜息を吐き、ズボンのポケットに親指をひっかけた)

ネコ「まいど。」

(仕事に戻り出すネコに対し、残された女性客が口を開いた)

女性客「あ、あの――」

(だが右手で遮られ)

ネコ「閉店だ。帰ってくれ。」

(ぶっきらぼうに言われた。)

女性客「……。」

ネコ「……プライベートの俺で良かったら、アンタの話、聞きますよ。」

(両手に皿を持ったまま一度立ち止まり、そう一つ言い残すと、店の奥に去っていった。その姿を見た女性客はどういう感情を抱いたのか……それは誰にも分からない……)





ってなんじゃこりゃ!!!!!
 


桜子さん、それは謎すぐる。ブルーになってそのままスライムにならないよう、気をつけてくださいね(おい
そしてそのまま一気に落とすんですね分かります。うぷぷ(え
投稿者:神谷ネコ丸  [ 2019-06-11 08:08:02 ]


うざい世界だ!←(>▽<)ノ、日曜日に社員旅行で、買い物は自由行動してもいいよーで、自由に抜けてお店覗いてたら、勝手に行くなと捕まえられ、ブルーになった(笑)で!檸檬様の猫展覧会に癒やされる今朝。


その後女性客、会計を済ますと店を出る、気になる言葉に路地裏を覗く、吠えるのをこらえるのか、しゃがみ込み頭を抱える彼に近づき、肩に恐る恐る手をかけ声をかけた。そ、し、て、♡

(๑¯◡¯๑)、お約束の壁ドン♡展開になるのであった。めでたしめでたし(笑)

朝から何してる?



投稿者:秋の桜子  [ 2019-06-11 07:54:45 ]